Paharia putoni

Paharia putoni (Distant, 1892)

階級[※]

Tibicininae-Tibicinini-PahariaPaharia putoni

 

特徴

未調査

 

分布域

未調査

 

画像

イラン産♂ 背面
PahariaBlackBack.png
イラン産♂ 別個体(本種としては模様が大きい?)
Pahariaputonikakkoii1.png
別個体♂ 外部生殖器
Pahariaputonidanekore1.png
イラン産♀ 背面

T_sp.jpg

イラン産♀ 腹面
Pah_2.png

 

同定理由

・属の他種の特徴と一致すること
・♂外部生殖器は収納されない
・♂腹弁はS字状
・産地が中東
Tibicininae亜科
・産地が中東で、南米ではない
Tibicinini族と考える
・本文参照、翅脈の形状を確認する
・産地は中東で、中国ではない
Paharia
・産地がイラン
・♂外部生殖器uncusの先端まで黒い
→本種と判断

 

同定の確度:★★★★☆

備考

Tibicina属とPaharia属の違いは、
前翅のUlner cell 3:ちょうど真ん中あたりにある翅室が、
apical cell 5:翅端室のうち、上から5番目
の長さよりも2倍以上に大きければPaharia,
1.5倍から2倍くらいならTibicina

 


参考文献

[1]XU WANG, et al., “Review of the cicada genus Paharia Distant (Hemiptera, Cicadidae), with the description of a new species and its allied species”, European Journal of Taxonomy 349: 1-14(2017).  

[※]Catalogue of Life.
URL:https://www.catalogueoflife.org

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

最新の投稿

TOP